Choice

『Free America!(アメリカ解放)- 抵抗と反乱の初期の歌』

Harmonia Mundi HMM902628 classical


「ボストン・カメラータ(The Boston Camerata)」は、ヨーロッパとアメリカの数多い古楽グループの中でもユニークな位置を占めています。1954年、ボストン美術館の楽器コレクションに付属するアンサンブルとして設立されました。中世初期から19世紀、中東から初期ニューイングランドの音楽を主要なレパートリーにコンサートやレコード録音を行っています。シェーカー教徒の賛美歌を歌った『ささやかな贈り物(Simple Gifts)』(Erato)が代表的ディスクです。1969年から2009年までジョエル・コーエンが芸術監督を務め、2009年にアンヌ・アゼマ Anne Azéma(1957–)が後を継ぎました。アゼマは、フランス生まれのソプラノ歌手。中世のフランスとプロヴァンスの俗謡が中心分野の学者、舞台監督として活動、ボストン・カメラータのプログラム編成に携わり、ソリストも務めてきました。

『Free America!(アメリカ解放)- 抵抗と反乱の初期の歌』は、ボストン・カメラータと Harmonia Mundi の初めてのコラボレーションによるアルバムです。「ボストン虐殺」の1770年からリンカーンがアメリカ合衆国第16代大統領に選ばれた1860年の時代に歌われた揺籃期の「共和国アメリカ」の歌を特集。「Let tyrants shake their iron rod(圧政者ども、鉄の棒を振り回すがよい)」と始まる《チェスター》や《ヤンキードゥードゥル》といった独立戦争の時代を代表する愛国歌など、集会の自由を要求、代償を承知した上で反逆し戦いに臨む意欲と決意を示した歌、とりわけ、新しい「約束の地」に向かう長い旅をともにした歌、賛美歌、マーチが29曲、アコーディオン、フィドル、笛、太鼓の演奏をともない、さまざまなヴォーカルの組み合わせで歌われます。

1775年4月19日、独立戦争の始まるきっかけとなった戦闘が起きたマサチューセッツのレキシントン、6月17日のイギリス軍と大陸軍の「バンカーヒルの戦い」、ボストンの公園「ボストンコモン(ザ・コモン)」にあった「自由の木」と呼ばれる楡の木……。ボストン・カメラータのメンバー、バス歌手のジョエル・フレデリクセン Joel Fredeeriksen がリーダーを務めるアンサンブル・フェニックス・ミュンヘンが、同じ時代の宗教的内容の歌を中心に歌った『シャロンのばら(Rose of Sharon) - アメリカ音楽の100年 1770年–1870年』(HMC902085)や「アノニマス4」の『1865年-アメリカ南北戦争時代の希望と故郷の歌』(HMU807549)と同様、アメリカの歴史を歌とともにたどる一枚です。

『Free America!(アメリカ解放)- 抵抗と反乱の初期の歌』
[All unite!(みな団結せよ)]
作者不詳
 Friendly Union
ジェレマイア・インガルズ
 The Cuba March – The New Union
アンドルー・ロー(1749–1821)
 Bunker Hill(バンカーヒル)
作者不詳
 Liberty Tree(自由の木) Chester(チェスター)
[Gone for a soldier(戦場に行ってしまった)]
作者不詳
 Captain Robert Kidd Jolly Soldier Boston March
 Saw You My Hero
ウィリアム・ビリングズ(1746–1800)
 David's Lamentation
作者不詳
 Johnny Has Gone for a Soldier Prince William's March
[Repentance(悔恨)]
作者不詳
 Repentance Thirst for Gold My Body Rock 'Long Fever
 Didn't My Lord Deliver Daniel Sanctum Te Pretty Home
 Hebrew Children
[The Rich Man(富める者)]
トマス・コマック(1804–1855)
 False Are the Men of High Degree
ジェレマイア・インガルズ
 The Rich man
作者不詳
 The Jolly Sailor
[A land of freedom(自由の地)]
作者不詳
 The Appletree Trumpet of Peace March (Clamanda)
 O Zion Arise Free Americay!
トマス・アーン(1710–1778)
 Rise Columbia!
作者不詳
 Yankee Doodle or the Lexington March
 (ヤンキー・ドゥードゥル、または、レキシントン・マーチ)
  ボストン・カメラータ アンヌ・アゼマ(指揮)
 
価格 ¥2,600(本体価格)

ページの先頭へ


Choice

『田園交響曲』

Harmonia Mundi HMM902425 classical


Harmonia Mundi レーベルの「ベートーヴェン生誕250年」を記念するアルバム。バロックオーケストラ「ベルリン古楽アカデミー Akademie für Alte Musik Berlin」による交響曲第6番がリリースされます。録音に際し、ベルリン古楽アカデミーのメンバーは、ベートーヴェンがウィーンで演奏したことのある会場をくまなく訪ねてまわり、音響を研究しています。そうした小さなホールの響きを考慮した結果、弦楽器の数を少なくした編成の録音が行われました。オーケストラ全体の編成は、ベートーヴェン当時の演奏会の詳細な記録や絵画も残っていないため、当時の劇場年鑑の記録が参考にされています。オーケストラのレイアウトにも工夫が凝らされ、聴衆から見て左側に弦楽器、右側に管楽器、トロンボーンとトランペットとティンパニの少し後ろにコントラバスを置くという配置がとられました。これにより、指揮者を置かない演奏に必要な奏者間のコンタクトが容易になったと言われています。

クネヒト Justin Heinrich Knecht の《自然の音楽による描写、あるいは大交響曲》は、ベートーヴェンの《田園》が初演される(1808年12月)の30年近く前、1780年にト長調の調性で書かれた作品です。第1楽章〈美しい風景。太陽が輝き、風が穏やかにそよぎ、谷を小川のせせらぎが流れ、鳥がさえずり、山からも美しい清水が注ぎ、羊飼いが笛を奏で、羊たちが戯れ羊飼いの娘たちが甘い声で歌う。(Eine schöne Gegend, in der die Sonne scheint, die zarten Zephirwinde wehen, die Bächlein das Tal durchellen, die Vögel zwitschern, ein Gebirgsbach herabplätschert, der Hirte flötet, die Schafe hüpfen und die Schäferin ihre liebliche Stimme ertönen lässt.)〉第2楽章〈突然空が曇り、あらゆる土地が苦しみおびえ、黒い雲が湧きおこり、風がうねり、雷が鳴り、嵐が少しずつ近づいてくる。(Der Himmel verdunkelt sich schnell, die ganze Umgebung atmet mühsam und erschrickt, die dunklen Wolken türmen sich, die Winde fangen an zu heulen, der Donner grollt und das Gewitter nähert sich langsam.)〉第3楽章〈激しい風と打ちつけるような雨の嵐がものすごい勢力になる。こずえがざわめき、土砂降りの雨がものすごい音で打ちつける。(Das Gewitter, begleitet von sausenden Winden und mächtigen Regensüssen, die Wipfel der Bäume rauschen und der Bergstrom wälzt seine Wasser mit entsetzlichem Lärm.)〉第4楽章〈嵐が少しずつおさまり、雲が切れ、空が明るくなってくる。(Das Gewitter verzieht sich langsam, die Wolken zerstreuen sich und der Himmel hellt sich auf.)〉第5楽章〈自然は喜び、天に向かって、創造主である神への大いなる感謝を表し、甘やかな喜びの歌を歌う。(Die Natur ist von Freude erfüllt, erhebt ihre Stimme gen Himmel und dankt dem Schöpfer mit lieblichen, angenehmen Gesängen.)〉。当時行われていたという、自然を音楽で模倣する試みのひとつとされる作品です。

ベルリン古楽アカデミーによるベートーヴェンの交響曲は、第1番、第2番、第4番、第8番がリリースされる予定です。

『田園交響曲』
ユスティン・ハインリヒ・クネヒト(1752–1817)
 自然の音楽による描写、あるいは大交響曲
 (Le Portrait musical de la nature)
ルートヴィヒ・ファン・ベートーヴェン(1770–1827)
 交響曲第6番 ヘ長調 Op.68 《田園(Pastoral)》
  ベルリン古楽アカデミー
  ベルンハルト・フォルク(コンサートマスター)

録音 2019年6月 テルデックス・スタジオ・ベルリン Teldex Studio Berlin(ドイツ) 

価格 ¥2,600(本体価格)

ページの先頭へ


Choice

『アレクサンドル・ネフスキー』

Reference Recordings FR735SACD SACD hybrid(5.0 surround/HDCD stereo) classical


ユタ州、ソルトレイクシティのユタ交響楽団は、2020年、創設から80周年を迎えます。このオーケストラは、1947年に音楽監督に就任したモーリス・アブラヴァネルがアメリカを代表する地方オーケストラのひとつに育てあげ、アメリカのオーケストラでは初めてのマーラーの交響曲全集を Vanguard Records に録音しました。ヴァルジャン・コジアン、ジョーセフ・シルヴァスタイン、キース・ロックハートに続き、2009年からティエリー・フィッシャーが音楽監督を務めています。 

《アレクサンドル・ネフスキー》は、1938年に製作されたエイゼンシテイン監督の作品のためにプロコフィエフが書いたフィルム・スコアを作曲者自身が翌年、メゾソプラノ、合唱と管弦楽のための「カンタータ」に仕立てた作品です。〈モンゴル治下のロシア〉〈アレクサンドル・ネフスキーの歌〉〈プスコフの十字軍〉〈起て、ロシアの民よ〉〈氷上の戦い〉〈死者の原野〉〈アレクサンドルのプスコフ入場〉の7曲。〈死者の原野〉では戦死者を悼む哀歌がメゾソプラノによって歌われ、強い印象を残します。組曲《キージェ中尉》も、ファインツィンメル監督の映画のために作曲したフィルム・スコアに基づくコミカルで洒落た作品です。 

アメリカのオーケストラによる《アレクサンドル・ネフスキー》は、ステレオの初期から録音が行われ、フリッツ・ライナー指揮シカゴ交響楽団(RCA)とトマス・シッパーズ指揮ニューヨーク・フィルハーモニック(Columbia)によるレコードが1950年代の終わりから1960年代にかけてリリースされています。ティエリー・フィッシャーは、BBCウェールズ交響楽団を指揮したライヴをラジオ録音したドビュッシーの《聖セバスチャンの殉教》に示されるように、スケールの大きな作品を巧くまとめることに長けていると言われます。「大きな軌跡、知性、明晰さ、美しい響き」(「Gramophone」)と評されたマーラーの交響曲第8番(FR725SACD)につづく Referencd Recordings による録音です。 

セルゲイ・プロコフィエフ(1891–1953) 
 カンタータ《アレクサンドル・ネフスキー》 Op.78 
 組曲《キージェ中尉》 Op.60 
  アリサ・コロソワ(メゾソプラノ)
  ユタ大学アカペラ合唱団 ユタ大学室内合唱団 
  ユタ交響楽団 ティエリー・フィッシャー(指揮) 

録音 2016年11月18日–19日 モーリス・アブラヴァネル・ホール(ソルトレイクシティ、ユタ州) 
 
価格 ¥2,500(本体価格)

ページの先頭へ


LINK

















LinkIconMore


ページの先頭へ


営業時間 11:00 – 20:00 

〒730-0016
広島市中区幟町14-2
ウエセン幟町 401 

082-502-9600

2月の定休日


  2月12日(水曜)
  2月26日(水曜) 

       We are closed on
         Wednesdays
         February 12 and 26
 

学生価格

  
  学生証をご提示ください。
  表示の本体価格から10%割引
  いたします。 

ページの先頭へ