Our Select

『夜の曲(Nocturnal)』

BIS SACD2082 SACD hybrid(5.0 surround/stereo) classical/early music 


ヤコブ・リンドベリ Jakob Lindberg(1952–)は、スウェーデンのユーシュホルム生まれ。ビートルズを聴いて音楽への情熱を育み、ストックホルム大学に進みました。ロンドンの王立音楽大学でダイアナ・ポウルトンに学んでいたころ、ルネサンスとバロックの音楽に主眼を置いた活動を選択。このジャンルでもっとも幅広いレパートリーをもつリュート奏者として知られ、『ジェームズ一世時代のリュート音楽』(BIS-SA2055)『ルネサンス期イタリアのリュートの名手たち』(BIS-SA2202)『シクストゥス・ラウヴォルフのリュート』(BIS-SA2265)など、30を超す数のアルバムを BIS レーベルに録音しています。新しいアルバム『夜の曲(Nocturnal)』は、彼がギターとリュートを平行して学んでいた最後の年に取り組んだブリテンの《ジョン・ダウランドによる夜の曲》を核に、主にエリザベス一世時代に作られた、夜を想起させる小品を配置する構成で作られています。《ジョン・ダウランドによる夜の曲》は、ブリテンが、1963年、イギリスのギタリスト、ジュリアン・ブリームのために作曲した作品です。ダウランドの歌曲《来たれ深き眠りよ(Come Heavy Sleep)》に基づく変奏曲のスタイルをとった、8つの部分(楽章)からなる「壮大な」音楽。「この曲があったから、ギターを捨ててリュートに専念すると決めた時には後ろ髪を引かれる想いだった」(ヤコブ・リンドベリ)。ブリテンが「リュートを崇め」、この楽器のための作品を書くことも考えていたことから、出版社とブリテン・エステートが協力。エステートからは励ましとともに最初の草稿の提供も受けることができました。アントニー・ホルボーン、エドワード・コラード……詩人サミュエル・ダニエルの弟、ジョン・ダニエル……。「ジョン・スキーニーの17世紀初めのマンドラ手稿譜」の3曲は、「マンドラ調弦」のソプラノ・リュートで演奏されます。「リュートは、静寂と深い集中を必要とする」。録音セッションは、ストックホルムの北、ノルテリエのレンナ教会で行われました。

『夜の曲(Nocturnal)』
アントニー・ホルボーン(c.1547–1602)
 すいかずら(The Honeysuckle) 私のリンダ(Muy Linda)
 夜警(The Night Watch)
 ペンブローク伯爵夫人のパラダイス(Countess of Pembroke's Paradise)
 妖精のラウンド(The Fairy Round)
エドワード・コラード(fl.c.1595–1599)
 わが窓辺より去れ(Go from My Window)
 ヒュー・アシュトンのグラウンド(Hugh Ashton's Ground)
ダニエル・バチェラー(1572–1619)
 パヴァーヌ(Pavan)
ジョン・ダニエル(1563/34–c.1626)
 アン・グリーン夫人の葉はグリーン(Mrs Anne Grene her Leaves be Green)
作者不詳(ジョン・スキーニーの17世紀初めのマンドラ手稿譜)
 森の花(The Flowers of the Forest)
 夕暮れのとき、私を忘れないで(Remember Me at Evening)
 イギリスのナイチンゲール(The English Nightingale)
ウィリアム・バード(1543–1623)
(フランシス・カッティング(fl.c.1583–c.1603)編曲)
 子守歌(Lullaby)
ベンジャミン・ブリテン(1913–1976)
(ヤコブ・リンドベリ(1952–)編曲)
 ジョン・ダウランドによる夜の曲(Nocturnal after John Dowland) Op.70
ジョン・ダウランド(1563–1626)
 夢(A Dream) ファンシー(A Fancy)
 オーランドは眠る(Orlando Sleepth)
 ラクリメのガイヤルド(Galliard to Lachrimae)
 ダウランド氏の真夜中(Mr Dowland's Midnight)
 別れ(Farewell)
ジョン・ジョンソン(c.1545–1594)
 パッシングメジャーズ・パヴァーヌ(Passingmeasures Pavan)
 御者の口笛(Carman's Whistle)
 さようなら、おやすみなさい(Good Night and Good Rest)
  ヤコブ・リンドベリ(リュート、ソプラノ・リュート)

[楽器 8-course Renaissance lute by Michael Lowe, Wootton-by-Woodstock, 1981, 7-course soprano lute (in mandora tuning) by Michael Lowe, Wootton-by-Woodstock, 1992]

録音 2017年8月 レンナ教会(ノルテリエ、スウェーデン)
制作 ユーハン・リンドベリ
録音 マッティアス・スピツバルト

価格 ¥2,650(本体価格) 

ページの先頭へ


Our Select

『ユートピア(Utopias)』

2L 2L141SABD Pure Audio Blu-ray + SACD hybrid(5.1 surround/stereo) contemporary/classical 


「ソロ打楽器のための作品を研究、再構成し、作品解釈の新しい可能性を追求する」。芸術をめぐるプロジェクトが盛んに推進されるノルウェーで、2013年、新しい試みとして「ノルウェー芸術リサーチ・プログラム」がスタートしました。『Radical Interpretation of Iconic Musical Works for Percussion(2013–2017)(打楽器のためのアイコン的作品の徹底的解釈)』。このプロジェクトは、ノルウェー国立音楽大学、オスロ国立芸術アカデミー、オスロ建築デザイン大学、ヴェステルダール・オスロ ACT、レコードレーベル 2L が共同で展開、ノルウェー国立音楽大学の准教授シェル・トーレ・インネルヴィーク Kjell Tore Innervik(1974–)が参加して進められました。インネルヴィークは、「四分音マリンバ、打楽器、風船、その他、打ったり撫でたりすることで演奏目的に使う部材」を含む NIME(New instruments for Music Exploration)を使って新たな「音風景」を開拓したアルバム『A Migrant in the New(新天地の渡り鳥)』(2011)(Aurora ACD5059)で注目された打楽器奏者です。このプロジェクトの成果としてアルバム『ユートピア(Utopias)』が制作されました。「アイコン的」作品として演奏されるのは、五線譜によらない記譜法が使われた2曲。「プライベート空間」での演奏を意図した、モートン・フェルドマン Morton Feldman の《The King of Denmark(デンマークの王)》。そしてクセナキス Ianis Xenakis の《Psappha(プサッファ)》。クセナキスの曲は、聴き手がインパクトのあるリスニングを体験できるよう、演奏者が聴き手と向き合うマイクセッティングによる「第二人称」で録音したあと、「第一人称」の視点を表現するためソリストの「頭上」にマイクをセットして再度録音されました。グラミー賞の最優秀プロデューサーにノミネートされたモッテン・リンドベルグ Morten Lindberg が制作とバランスエンジニアリングにあたり、「イマーシブ・オーディオ」という大きなフォーマットの録音テクニックによって「私的演奏空間」を追求。芸術面のアドバイスのためセッションに立ち会ったデンマークの作曲家イーヴァ・フロウンベア Ivar Frounberg(1950–)とリンドベルグによる詳細なプログラムノーツ(英語)が、ヤール教会で行われたセッション風景の写真とともに掲載されています。

『ユートピア(Utopias)』
ヤニス・クセナキス(1922–2001)
 Psappha(プサッファ)(1975)(第二人称バージョン)
 Psappha(プサッファ)(1975)(第一人称バージョン)
モートン・フェルドマン(1926–1987)
 The King of Denmark(デンマークの王)(1964)
  シェル・トーレ・インネルヴィーク(打楽器)

録音 2015年6月、2016年6月 ヤール教会(ベールム、ノルウェー)
制作・バランスエンジニアリング モッテン・リンドベルグ
芸術面助言・プログラムノーツ イーヴァ・フロウンベア
録音 ビアトリス・ヨハンネセン

[DXD (24bit/352.8kHz) 録音]
[Blu-ray: 5.1 DTS-HD MA(24bit/192kHz), 5.1.4 Dolby Atoms(48kHz), 2.0 LPCM(24bit/192kHz), 5.1.4 Auro-3D(96kHz), mShuttle: MP3 + MQA, Region ABC]
[SACD DXD(5.1 surround, 2.0 stereo DSD/CD 2.0 stereo(16 bit/44.1 kHz)/MAQ CD] 

価格 ¥3,900(本体価格)

5.1 DTS–HD MA, 9.1 Auro-3D, Dolby Atoms と 2.0 LPCM の音声を収録した Pure Audio Blu-ray ディスクと、SACD ハイブリッドディスクをセットにしたアルバムです。Pure Audio Blu–ray ディスクにはインデックスを除き映像は収録されていません。SACD ハイブリッドディスクは通常のCDプレーヤーでも再生できますが、Pure Audio Blu-ray ディスクは Blu–ray プレーヤーもしくは Blu–ray 対応のPCをお使いください。

ページの先頭へ


Our Select

『郊外の話(Tales from Suburbia)』

BIS SACD2313 SACD hybrid(5.0 surround/stereo) contemporary/classical 


アルベット・シュネルツェル Albert Schnelzer(1972–)は、スウェーデンの彼の世代でもっとも注目を集める作曲家のひとりです。国際的に知られるきっかけとなったのは、2004年、ラジオ・フランスの委嘱で作曲した《捕食の踊り(Predatory Dances)》のパリでの初演。ダイナミックな流れのなかに静謐の時と空間を挟む簡潔な音楽が、高い支持を得ました。シュネルツェルは、音楽創造を「現代音楽にふさわしいあり方に専念することではなく、もっとも自分らしい表現を求めること」と言います。彼は、マルメ音楽大学で作曲を学び、ロンドンの王立音楽カレッジでは作曲法と指揮法を修めました。近作のひとつ、映画作家ティム・バートンへの「オマージュ」とした《A Freak in Burbank(バーバンクの奇人)》は、2010年の「プロムス」で演奏され、その後、スウェーデンの現代作品としてもっとも演奏機会の多い一作になりました。

チェロ協奏曲《狂気のダイアモンド(Crazy Diamond)》は、ヨーテボリ交響楽団の委嘱作です。〈You shone like the sun(君は太陽のように輝いていた)〉〈If the cloud bursts, thunder in your ear(土砂降りになったら、君の耳に雷が)〉〈Re-arrange me 'til I'm sane(正気に戻るまで私を組み替えてくれ)〉〈Trade your heroes for ghosts?(君のヒーローを幽霊と交換するか?)〉の4楽章。「(『The Dark Side of the Moon』(邦題『狂気』)の)ピンク・フロイドやジェネシスといったグループが、ベートーヴェンとストラヴィンスキーと同じスペースを占めていた十代」を過ごした音楽家の作った音楽です。

《郊外の話(Tales from Suburbia)》は、「郊外」への個人的な思いを背景に作曲されました。「田舎の牧歌的風情の農家でもなく、都会のファッショナブルな地区のトレンディなアパートメントでもなく、ずっと郊外で育ち、オフィスこそストックホルムにあるものの、『ある種の愛憎関係』をもちつづけながら今も郊外に住んでいる」。

《ブレイン・ダメージ(Brain Damage)》は、個性をもった「個」の集合体「オーケストラ」のための協奏曲。《狂気のダイアモンド》で始めた探求を押し進める作品です。〈If Your Head Explodes(君の頭が破裂したら)〉〈Folded Faces(くしゃ顔)〉〈Dam Breaks Open(ダムが決壊する)〉。『The Dark Side of the Moon』に収録されたロジャー・ウォーターズ作詞の《ブレイン・ダメージ(Brain Damage)》(邦題『狂人は心に』)(脳損傷)の歌詞が3つの楽章のタイトルに採られています。

指揮者のベンジャミン・シュウォーツ Benjamin Shwartz(1979–)は、ロサンジェルス生まれ。カーティス音楽院でオット=ヴェルナー・ミュラーに指揮を学び、2013年から2016年までヴロツワフ・フィルハーモニックの音楽監督を務めました。新しい音楽のエクスパートと目されているひとりです。クレース・グンナション Claes Gunnarsson(1976–)は、ヨーテボリ交響楽団の首席チェロ奏者。シュネルツェルの《捕食の踊り》などの室内楽作品の初録音に参加しています。

『郊外の話(Tales from Suburbia)- アルベット・シュネルツェル 管弦楽作品集』
アルベット・シュネルツェル(1972–)
 チェロ協奏曲《狂気のダイアモンド(Crazy Diamond)》(2011)*
 郊外の話(Tales from Suburbia)(2012)(管弦楽のための)
 ブレイン・ダメージ(Brain Damage)(2014)(管弦楽のための協奏曲)
  クレース・グンナション(チェロ)*
  ヨーテボリ交響楽団 ベンジャミン・シュウォーツ(指揮)

録音 2017年5月 ヨーテボリ・コンサートホール(スウェーデン)
制作・録音 イェンス・ブラウン

価格 ¥2,650(本体価格)
 
Albert Schnelzer official website

ページの先頭へ


Our Select

『人々の心の調べ(Folketoner)』

2L 2L144SACD SACD hybrid(5.0 surround/stereo)classical

   
長い年月にわたり歌い継がれてきた民謡と賛美歌、そしてナショナル・ロマンティシズムの伝統に沿った音楽を集めたアルバム『人々の心の調べ(Folketoner)』。トヴァイト(トヴェイト)の《ハルダンゲルの100の旋律》組曲第1番の第1曲〈名誉ある出迎え〉、ニューステットが《女声合唱のための5つの民謡》に使ったヴァルドレスの民謡、グリーグの歌曲集《ヴィンニェの詩による12の歌》(Op.33)から第9曲〈ルンダーネで〉と弦楽オーケストラのための《2つの悲しい旋律》に使った〈春〉(「いまひとたび 冬が去り 春に道をゆずる姿が目に映る……心を痛めながら問う これがほんとうに最後なのかと……)、ラルダールのマッティン・カッレベルグが作ったフィドル曲《スプリングダンス》(スプリンガル)、シンガーソングライターのトーネ・クローン  Tone Krohn(1960–)たちがこの録音のために新しく編曲した「子守歌」やバラードが歌われます。ノルウェー少女合唱団 Det Norske Jentekor は、1947年設立のノルウェー放送少女合唱団が独立、継続したアンサンブルです。この合唱団は、多くの有名な歌手、音楽家、芸術家を育て、ノルウェーの文化生活に大きな役割を果たしてきました。指揮者のスンダール=アスク Anne Karin Sundal-Ask(1973–)は、ノルウェー音楽アカデミーでグレーテ・ペーデシェンとトーレ・エーリク・モーンに学びました。ノルウェー少女合唱団と混声合唱団「ビスレ=ベッケン」のほか、各地の合唱団を指揮。明晰なビジョンとそれを歌い手たちに伝える能力を備え、イントネーション、響きの質、アンサンブルを重視する彼女の音楽が高く評価されています。伝統の歌唱法を交えて歌う〈名誉ある出迎え〉に始まり、ヴェストフォル地方の羊飼いたちの「ワルツ」に終わるプログラム。高原を風が渡る……。オスロのリス教会で録音セッションが行われ、モッテン・リンドベルグ Morten Lindberg が制作を担当しました。谷と高原に暮らすノルウェーの人々の心を伝えるアルバムです。 

『人々の心の調べ(Folketoner)』
ガイル・トヴァイト(ゲイル・トヴェイト)(1908–1981)
(リン・アンドレーア・フグルセット(1969–)編曲)
 名誉ある出迎え(Velkomne med æra)
カール・グスタフ・スパッレ・オールセン(1903–1984)
 生きること(Å leva)
ハリングダール民謡(リン・アンドレーア・フグルセット(1969–)編曲)
 天にある砦を知っている(Eg veit i himmerik ei borg)
クヌート・ニューステット(1915–2014)/ヴァルドレス民謡
 かわいいトールー(Torø liti)(《女声合唱のための5つの民謡》から)
クヌート・ニューステット(1915–2014)/セルフィョルド民謡
 ネスランの教会(Neslandskyrkja)
ヴォーゴー民謡(クヌート・ニューステット(1915–2014)編曲)
 寝過ごしてしまった(Jeg lagde mig saa sildig)
エドヴァルド・グリーグ(1843–1907)
(クヌート・ニューステット(1915–2014)編曲)
 働きものの馬のためのおやすみの歌「さあブラッケン」
 (Kveldssang for Blakken "Fola, fola Blakken")
エドヴァルド・グリーグ(1843–1907)
(カール=ベッティル・アイネスティーグ(1924–)編曲)
 ルンダーネで(Ved Rondane)
エドヴァルド・グリーグ(1843–1907)
(エルセ・ベルントセン・オース 編曲) 春(Våren)
イェンディーネ・スローリエン/エドヴァルド・グリーグ(1843–1907)
 イェンディーネの子守歌(Gjendines Bådnlåt)
ノルウェーの子守歌(スタイナル・アイエルセン(1948–)編曲)
 おやすみ良い子(So ro godt barn)
ヴェストフォルの子守歌(トーネ・クローン(1960–)編曲)
 おやすみ、かわいいわが子(So ro stubberusken min)
ヴェストフォルの舞曲(トーネ・クローン(1960–)編曲)
 スプリングダンス(Springdans)
中世の戯けたバラード(トーネ・クローン(1960–)編曲)
 あの小さな子に(Det liste bånet)
ヴェストフォル伝承曲(トーネ・クローン(1960–)編曲)
 家畜を呼ぶ声と呼びかけの歌(Lokkerop og laling)
  ノルウェー少女合唱団 アンネ・カーリン・スンダール=アスク(指揮)

録音 2015年6月、2016年6月 リス教会(オスロ)
制作・バランスエンジニアリング モッテン・リンドベルグ
録音 ビアトリス・ヨハンネセン、イェルムン・スコーグ

[DXD (352.8kHz/24bit) 録音]
[SACD DXD(5.0 surround 2.8224 Mbit/s/ch, 2.0 stereo 2.8224 Mbit/s/ch)/CD 2.0 stereo(16 bit/44.1 kHz)/MAQ CD]

価格 ¥2,450(本体価格)

ページの先頭へ


LINK

















LinkIconMore


ページの先頭へ