生活のなかに北欧の音楽を。ノルディックサウンド広島にお越しください。

Release Info

『3つのヴァイオリン協奏曲』


ロマンティシズム時代のスウェーデンでもっとも美しいヴァイオリン音楽を書いたひとり、トゥール・アウリンの3つのヴァイオリン協奏曲。ウルフ・ヴァリーンとアンドルー・マンゼ指揮のヘルシングボリ交響楽団による新録音。

詳しくはこちら

『ピアノ三重奏のための音楽』


ペッテリ・イーヴォネン、ユホ・ポホヨネン、サムリ・ペルトネン。フィンランドの音楽たちが結成したシベリウス・ピアノ三重奏団のアルバム。シベリウスの3つのピアノ三重奏曲を中心に、スキッシ、レフコウィツ、ヴェンナコスキ、サーリアホの作品を演奏。

詳しくはこちら

『国境を越えて(Crossing Borders)』


ヒリヤーとアルス・ノーヴァ・コペンハーゲンのシリーズ。カール・ニルセン、ゲーゼ、ステーンハンマル、ホルムボーのアカペラ作品と、過去1000年以上に渡る人間性の本質を「現地報告の声」に語らせるデンマークのリネ・チャアンホイの《ヴォックス・ルポルタージュ》。

詳しくはこちら

『メラルティン スウェーデン語の詩による歌曲』


フィンランド後期ロマンティシズムでもっとも多才とされる作曲家エルッキ・メラルティンが、ルーネベリ、ヘンメルたちのスウェーデン語の詩に作曲した歌曲のリサイタル。

詳しくはこちら
 ページの先頭へ


ページの先頭へ

MENU

ページの先頭へ

Our Selects




毎月リリースされるディスクの中から、プログラム、演奏、録音が揃って素晴らしい、くりかえし聴きたくなるアルバムを選んで“Our Select”としました。このコーナーでは“Our Select”のディスクをまとめて紹介しています。

LinkIcon“Our Select” のコーナー

Choice




ノルディックサウンド広島が契約している輸入会社の取り扱いレーベルからは「北欧」以外にも興味深いアルバムがリリースされています。このコーナーでは、特におもしろいディスクを選んで紹介します。

LinkIcon“Choice” のコーナー

LINK

















LinkIconMore