News

 

2024/5/21

Challenge Classics, Dacapo, Naxos の新譜を掲載しました。info >>

2024/5/16

Cedille, Eudora, Losen, Orchid, OUR Recordings, VOX の新譜を掲載しました。info >>

2024/5/13

Delos, Indésens Calliope, Prophone, Signum Classics の新譜を掲載しました。info >>

2024/5/7

BIS, Evidence, Naxos の新譜を掲載しました。info >>

2024/4/25

Alpha Classics, Toccata Classics の新譜を掲載しました。info >>

『ゼレンカ』

バロック時代の音楽家ゼレンカの『6つのトリオソナタ』。香港のトニア・コーがゼレンカの「わが目は涙で曇り」からインスピレーションを受けて「間奏曲」として作曲した4つの《ゴースト》を挟んで演奏されます。オリヴィエ・スタンキエヴィチを中心とするアンサンブル。スウェーデンのコントラバス奏者イェルムが通奏低音を担当しています。

『Stripped』

ノルウェーのヴォーカリスト、シリエ・コーフィヨルドの Losen Records の初録音。クリスチャンサンのピアニスト、『The Storm』などのアルバムをリリースしたベルント・モーエンとのデュオ演奏です。悲しく孤独な季節、秋へのトリビュート《Red》など7曲を彼女が作曲。誰かを知っていると思っていながら、その心の奥まで知ることは…《Stranger》がモーエンとの共作。

『ペトリコール』

ウーメオ生まれのユーナス・クヌートソンとヨーテボリ生まれのアンデシュ・ペーション。ジャズ・シーンで共演してきたふたりのコラボレーション・アルバム。雨が降り、地面から立ち上るいい匂い「ペトリコール」。ジャズに「北スウェーデンの田園地帯に咲く可愛らしいバラの香り」を加えた音楽で語り合う、をコンセプトに作られました。

『スロボデニューク』

シベリウス・アカデミーでセーゲルスタムやパヌラに学んだスロボデニュークと彼が首席指揮者を務めるガリシア交響楽団のストラヴィンスキー。「さまざまな対照的な要素間のカウンタープレイを活用」した《三楽章の交響曲》。「ストラヴィンスキーのユーモア」の際立った《交響曲 ハ調》。「ドビュッシー追悼の管楽器サンフォニー」。

Nordic Sound Hiroshima

 
営業時間 11:00 – 20:00
 
〒730-0016
広島市中区幟町14-2 ウエセン幟町 401
 
Phone 082-502-9600
 
お問い合わせ


 
5月の定休日
 
5月8日(水曜) 5月22日(水曜)
 
We are closed on Wednesdays May 8 and 22
 


 
学生価格
 
学生証をご提示ください。
本体価格から10%割引いたします。 
 


 
Extras
 
Links Audio  Features Facebook