生活の中に北欧音楽を。ノルディックサウンド広島にお越しください。

Release Info

『Pilgrim(巡礼)』


デンマークのシンガーソングライター、ヤネ・マークの ACT Music 第1作アルバム。賛美歌の内容をもつ曲、牧歌的な曲、ポップな気分の歌、郷愁を誘う曲によるプログラムが組まれ、ノルウェーのトランペッター、アルヴェ・ヘンリクセンたちが参加してセッションが行われました。

詳しくはこちら

『ヨーナス・コッコネン レクイエム、オルガンのための作品全集』


「創作は『質への情熱』によって支配される」。20世紀フィンランドでもっとも重要な作曲家のひとり、コッコネンがオルガンのために書いた音楽の全曲とヨウコ・リンヤマによるオルガン共演版の《レクイエム》。

詳しくはこちら

『黄金時代(The Golden Age)』


デンマーク文化の黄金時代を代表する音楽家のひとり、ニルス・W・ゲーゼが「4手のピアノのため」に書いた詩的で独創的な作品の初めての全曲録音。カトリーネ・ペネロプとトーニャ・レモーの「コペンハーゲン・ピアノデュオ」による演奏。

詳しくはこちら

『ミツバチのマドリガル(The Bee Madrigals)』

 
ノルディック・ヴォイセズの新作。「蜂群崩壊症候群」をテーマにとったシェルブレード作曲の美しく、想いに沈む、グローバルメッセージをもつ」音楽。アルバム最初は、ジャズ・トランペッターのニルス・ペッテル・モルヴェルとのインプロヴィゼーション。 Our Select

詳しくはこちら
 ページの先頭へ


ページの先頭へ

MENU

ページの先頭へ

Our Selects




毎月リリースされるディスクの中から、プログラム、演奏、録音が揃って素晴らしい、くりかえし聴きたくなるアルバムを選んで“Our Select”としました。このコーナーでは“Our Select”のディスクをまとめて紹介しています。

LinkIcon“Our Select” のコーナー

Choice




ノルディックサウンド広島が契約している輸入会社の取り扱いレーベルからは「北欧」以外にも興味深いアルバムがリリースされています。このコーナーでは、特におもしろいディスクを選んで紹介します。

LinkIcon“Choice” のコーナー

LINK

















LinkIconMore