生活の中に北欧の音楽を。ノルディックサウンド広島にお越しください。

News


フィンランドのギタリスト、ペトリ・クメラのリサイタルが、10月28日、広島市の東区民文化センターで行われます。

クメラは、1974年生まれ。ヘルシンキ音楽院でフアン・アントニオ・ムロに師事、ニュルンベルク=アウグスブルクの音楽大学でフランツ・ハラースに学び、最優等で卒業しました。スカンディナヴィア・ギターフェスティヴァルで第1位。ギターを弾いて「音楽」を伝える。フィンランドでもっとも多才で人気の高いギター奏者のひとりです。フィンランド放送(YLE)の最優秀アルバムにノミネートされた『不思議な仲間がいて』のほか、『C・P・E・バッハ、ギターのためのトランスクリプション』『変化はやってくる』などのアルバムを Alba Records に録音。ヘルシンキ芸術大学シベリウス・アカデミーとヘルシンキ・メトロポリア応用科学大学で教えています。

広島のコンサートは、広島ギター協会と広島市文化財団東区民文化センターの共同主催で行われます。ジュリアーニの《大序曲》、ファリャの《クロード・ドビュッシーの墓碑銘のための讃歌》、そして、クメラが「小さな生物」をテーマにさまざまな作曲家に委嘱をつづけている小品集《スモールクリーチャーズ-音楽百科事典》から選んだ曲によるプログラム。

このコンサートとツアーは、フィンランドセンターの TelepART の事業として助成されます。

問い合わせ先

東区民文化センター TEL (082) 264-5551
広島ギター協会 E-mail(伊吹)

 ページの先頭へ


Release Info

『アクロスティック(Akrostikon)』 


ノルウェーのオルガニスト、ビルケランと打楽器奏者アイリク・ラウデによる共同プロジェクト。ノルウェー国立音楽大学でフィン・モッテンセンに学んだビョルン・クルーセ、シェル・サムコフ、シェル・ハッベスタの協奏曲。

詳しくはこちら

『フォーク・クリスマス II(Folkjul II)』 


フォークミュージシャンのイーデンスタムが聖ヤコブ室内合唱団とコラボレートしたスウェーデンのフォーク・クリスマス。「スタファン(聖ステファノ)」の3つの歌、友人の結婚式のために作られた《コーヒーのガンガル》、ハリング、ポルスカ。伝承曲と新作のプログラム。

詳しくはこちら

『ヒッラとリーシ(Hilla ja Liisi)』 


イラストレーター、サリ・アイロラの創ったキャラクター「ヒッラとリーシ」にフィンランドの音楽家たちが12の歌を書き、Alba Records が「CDと絵本」に作りました。エサ・ヘイッキラ指揮キュミ・シンフォニエッタの演奏。

詳しくはこちら

『春がやってくる(Kevät kerran on koittava)』 


フィンランドがロシア支配の大公国だった時代に作曲され、シベリウスの音楽やナショナル・ロマンティシズムが主流になるとともに忘れられていった後期ロマンティシズムのスタイルの合唱曲。ヘルシンキ室内合唱団と芸術監督ニルス・シュヴェケンディークの新作。

詳しくはこちら
 ページの先頭へ


MENU

ページの先頭へ

Our Selects


 
"Our Select" は、プログラム、演奏、録音が揃って素晴らしい、くりかえし聴きたくなるアルバムです。このコーナーに "Our Select" のディスクをまとめました。

LinkIcon"Our Select" のコーナー

Choice


  
契約しているディストリビュータの取り扱いレーベルからリリースされる「北欧」以外のおもしろそうなアルバムを "Choice" として紹介しています。"Choice" のディスクをまとめたコーナーです。

LinkIcon"Choice" のコーナー

LINK

















LinkIconMore