June 2021

『大劇場に至るオペラの苦難の道-ヨーテボリ・リリック劇場の100年(Operas motiga väg till Storan – Göteborgs Lyriska Teater 100 år)』

 
[曲目明細] 
 
[Disc 1][アルベット・ランフト所有の時代:1895年-1899年]
ジャック・オッフェンバック(1819–1880)
 喜歌劇《美しきエレーヌ(Sköna Helena)》
 - エレーヌのアリア「Säg Venus, säg(言ってください、ヴィーナス)」
  アンナ・ペッテション=ノッリ(ソプラノ) ピアノ伴奏(演奏者不明)
 [録音 1905年10月7日 ホテル・リュードベリ(ストックホルム)]
 [Gramophone X-73037]
エルヴェ(フロリモン・ロンジェ)(1825–1892)
 喜歌劇《Lilla Mamma(仲間たちの母)》
 - 二重唱「När pysen kommer(子供がやってくると)」
  エンマ・メイスネル(ソプラノ)
  アウグスト・スヴェンソン(テノール) ピアノ伴奏(演奏者不明)
 [録音 1903年3月 ホテル・リュードベリ(ストックホルム)]
 [Gramophone 84005]
ヘルマン・ツンぺ(1850–1903)
 喜歌劇《ファリネッリ(Farinelli)》
 - 二重唱「Det står ej i kontraktet(契約には書いてない)」
  グスタフ・アドルフ・ルンド(テノール)
  アクセル・リングヴァール(テノール) 管弦楽伴奏
 [録音 1908年3月 ホテル・リュードベリ(ストックホルム)]
 [Gramophone X-74093]
グスタフ・アーヴ・イェイエシュタム(1858–1909)
 「Per Olsson och hans käring(ペール・オールソンと女友だち)」
 - Sjömannen Olofs båda visor(船乗りオーロフの歌)
  アンデシュ・デ・ヴァール(歌) アコーディオン伴奏(演奏者不明)
 [録音 1907年10月][Gramophone 2-82592]
ロベール・プランケット(1848–1903)
 喜歌劇《コルヌヴィルの鐘(Cornevilles klockor)》
 - 「Tre gånger runt jorden(世界を三度周り)」
  アウグスト・スヴェンソン(テノール) ピアノ伴奏(演奏者不明)
 [録音 1907年2月18日 ホテル・リュードベリ(ストックホルム)]
 [Gramophone 2-82487]
カール・ミレッカー(1842–1899)
 喜歌劇《貧しいヨナタン(Stackars Jonathan)》
 - 楽器の二重唱(Insrumentalduetten)
  インガ・ベレンツ(ソプラノ) アクセル・リングヴァール(テノール)
  ピアノ伴奏(演奏者不明)
 [録音 1913年3月 ベルリン][Parlophon S 13019]
シドニー・ジョーンズ(1861–1946)
 喜歌劇《芸者(Geishan)》
 - 「Dansa sjung, du geisha ung(踊れ、歌え、若い芸者さん)」
  ローサ・グリュンベリ(ソプラノ) ピアノ伴奏(演奏者不明)
 [録音 1904年11月 ホテル・リュードベリ(ストックホルム)]
 [Gramophone 83505]
 喜歌劇《芸者(Geishan)》- 「Skrattvisa(笑い歌)」
  アウグスト・スヴェンソン(テノール) ピアノ伴奏(演奏者不明)
 [録音 1904年10月/11月 ホテル・リュードベリ(ストックホルム)]
 [Gramophone 82039]
アンドレーアス・ランデル(1806–1864)
 民俗歌芝居《ヴェルムランドの人びと(Värmlänningarna)》
 - スヴェン・エーションの歌
 「Och bonden gick ut uppå Wermelands skog
  (そして農夫はヴェルムランドの森のてっぺんに行った)」
  アクセル・リングヴァール(テノール) ピアノ伴奏(演奏者不明)
 [録音 1905年12月 セントラルホテル(ストックホルム)]
 [Favorite Record 85015]
ジャック・オッフェンバック(1819–1880)
 喜歌劇《地獄のオルフェ(Orfeus i underjorden)》
 - 「När jag var prins(私がアルカディアの王子だったころ)」
  オスカル・ベリストレム(バリトン) ピアノ伴奏(演奏者不明)
 [録音 1903年3月 ホテル・リュードベリ(ストックホルム)]
 [Gramophone 82705]
 喜歌劇《盗賊たち(Frihetsbröderna)》
 - 「Giv nu akt, det är Fiorella(しっかり聞いて、フィオレッタよ)」
  ローサ・グリュンベリ(ソプラノ) ピアノ伴奏(演奏者不明)
 [録音 1904年11月 ホテル・リュードベリ(ストックホルム)]
 [Gramophone 83506]
[アルベット・ランフト所有の時代:1900年-1904年]
カール・ミレッカー(1842–1899)
 喜歌劇《ガスパローネ(Gasparone)》- タランテラ(Tarantella)
  ローサ・グリュンベリ(ソプラノ) ピアノ伴奏(演奏者不明)
 [録音 1905年12月 セントラルホテル(ストックホルム)]
 [Favorite Records 1-86018]
 喜歌劇《乞食学生(Tiggarstudenten)》
 - アリア「Nu är jag pank och fågelfri(ぼくが無一文で鳥のように自由なら)」
 トゥールレイフ・アルム(テノール) ピアノ伴奏(演奏者不明)
 [録音 1905年12月 セントラルホテル(ストックホルム)]
 [Favorite Record 1-85025]
 喜歌劇《乞食学生(Tiggarstudenten)》
 - 二重唱「Älska mig, älska mig(私を愛して、私を愛して)」
  ローサ・グリュンベリ(ソプラノ)
  トゥールレイフ・アルム(テノール) ピアノ伴奏(演奏者不明)
 [録音 1905年12月 セントラルホテル(ストックホルム)]
 [Favorite Record 2-89003]
ロベール・プランケット(1848–1903)
 喜歌劇《コルヌヴィルの鐘(Cornevilles klockor)》
 - 「En mörk och dyster skog(暗く陰鬱な森)」
  オスカル・ベリストレム(バリトン) 管弦楽団
  ヤルマル・メイスネル(指揮)
 [録音 1905年10月 ホテル・リュードベリ(ストックホルム)]
 [Gramophone 82706]
エルヴェ(フロリモン・ロンジェ)(1825–1892)
 喜歌劇《かまとと娘(Lilla helgonet)》
 - 二重唱「Tennsoldatskupletten(錫の兵隊のクプレ)」
  インガ・ベレンツ(ソプラノ)
  グスタフ・アドルフ・ルンド(テノール) ピアノ伴奏(演奏者不明)
 [録音 1904年11月 ホテル・リュードベリ(ストックホルム)]
 [Gramophone 84045]
 喜歌劇《かまとと娘(Lilla helgonet)》- アリア「Babet och Cadet」
  インガ・ベレンツ(ソプラノ) ピアノ伴奏(演奏者不明)
 [録音 1904年11月 ホテル・リュードベリ(ストックホルム)]
 [Gramophone 83513]
ジュール・コステ(1828–1883)
 喜歌劇《石炭商(Kolhandlarna)》- 「Kittlas ej(くすぐらないで)」
  ヒルダ・カステグレーン(ソプラノ) ピアノ伴奏(演奏者不明)
 [録音 1907年2月12日 ホテル・リュードベリ(ストックホルム)]
 [Gramophone X-73071]
[アルベット・ランフト所有の時代:1906年-1909年]
フランツ・フォン・スッペ(1819–1895)
 喜歌劇《ボッカチオ(Boccaccio)》
 - 「Som Gud vill(神さまの意のまま)」 
  アクセル・リングヴァール(テノール) ピアノ伴奏(演奏者不明)
 [録音 1905年12月 セントラルホテル(ストックホルム)]
 [Favorite Record 1-85050]
 喜歌劇《ボッカチオ(Boccaccio)》
 - スカルツォのセレナード(Scalzas serenad)
  オスカル・ベリストレム(バリトン) ピアノ伴奏(演奏者不明)
 [録音 1904年11月 ホテル・リュードベリ(ストックホルム)]
 [Gramophone 82053]
シドニー・ジョーンズ(1861–1946)
 喜歌劇《芸者(Geishan)》- オウムの歌(Papegojvisan)
  エンマ・メイスネル(ソプラノ) ピアノ伴奏(演奏者不明)
 [録音 1903年3月 ホテル・リュードベリ(ストックホルム)]
 [Gramophone 83107]
フランツ・レハール(1870–1948)
 喜歌劇《メリー・ウィドウ(Glada änkan)》
 - 「マキシムへ行こう(Då går jag till Maxim)」
  カール・バルクリンド(バリトン) 管弦楽団
  ヤルマル・メイスネル(指揮)
 [録音 1907年2月12日 ホテル・リュードベリ(ストックホルム)]
 [Gramophone X-72160] 
レオ・ファル(1873–1925)
 喜歌劇《ドルの女王(Dollarprinsessan)》
 - 「Vi dansa ringelrej(輪舞を踊ろう)」
  エンマ・メイスネル(ソプラノ) カール・バルクリンド(バリトン)
  ピアノ伴奏(演奏者不明)
 [録音 1908年10月3日 ホテル・リュードベリ(ストックホルム)]
 [Gramophone 84272]
ジャック・オッフェンバック(1819–1880)
 喜歌劇《美しきエレーヌ(Sköna Helena)》
 - 「Kärlek måste vi ha(愛がなければ)」
  ナイマ・ヴィフストランド(ソプラノ) ピアノ伴奏(演奏者不明)
 [録音 1921年2月1日 ホテル・コンティネンタル(ストックホルム)]
 [HMV X 1177]
[アルベット・ランフト所有の時代:1912年-1916年]
ヘルマン・ツンぺ(1850–1903)
 喜歌劇《ファリネッリ(Farinelli)》
 - 「Kyss mig då, o Mnuella(では口づけを、おおマヌエッラ)」
  エルヴィン・ウートソン(テノール) 管弦楽団
  ヤルマル・メイスネル(指揮)
 [録音 1921年10月6日 ホテル・コンティネンタル(ストックホルム)]
 [HMV X 1662]
ヨハン・シュトラウス(1825–1899)
 喜歌劇《こうもり(Läderlappen)》
 - 「ぼくはお客を招待するのが(Ich lade gern mir Gäste ein)」
  ナイマ・ヴィフストランド(ソプラノ) 管弦楽団
  ヤルマル・メイスネル(指揮)
 [録音 1921年2月1日 ホテル・コンティネンタル(ストックホルム)]
 [HMV X 1052]
フランツ・フォン・スッペ(1819–1895)
 喜歌劇《ボッカチオ(Boccaccio)》
 - フィアメッタの登場の歌(Fiamettas entrésång)
  ナイマ・ヴィフストランド(ソプラノ) 管弦楽団
  ヤルマル・メイスネル(指揮)
 [録音 1921年1月31日 ホテル・コンティネンタル(ストックホルム)]
 [HMV X1177]
ヴィクトル・ヤコビ(1883–1921)
 喜歌劇《シビル夫人(Madame Szibili)》
 - 「På härden flammar elden högt(暖炉の火が燃えあがり)」
  ナイマ・ヴィフストランド(ソプラノ) アドルフ・ニスカ(テノール)
  管弦楽団 ヤルマル・メイスネル(指揮)
 [録音 1915年11月5日 ホテル・コンティネンタル(ストックホルム)]
 [HMV 284299]
[Disc 2][リリック劇場時代の歌手たちの音楽例:1920年-1937年]
ルッジェーロ・レオンカヴァッロ(1857–1919)
 歌劇《道化師(Pajazzo)》- 「衣装をつけろ(Skratta Pajazzo)」
  カール・マッティン・オーマン(テノール) [Polyphon S 42104]
ジャコモ・プッチーニ(1858–1924)
 歌劇《トスカ(Tosca)》- 「妙なる調和(Det sköna står att finna)」
  カール・マッティン・オーマン(テノール) [Polyphon S 42105]
アンブロワーズ・トマ(1811–1896)
 歌劇《ミニョン(Mignon)》
 - 「君よ知るや南の国(Känner du väl det land)」
  シグネ・アリナ・エクレーヴ=リュードベリ(ソプラノ) [Polyphon S 44090]
カール・ミレッカー(1842–1899)
 喜歌劇《貧しいヨナタン(Stackars Jonathan)》
 -船乗りの歌(Sjömanssång)
  エーリク・オービュー(バリトン) [Polyphon S 42115]
 喜歌劇《乞食学生(Tiggarstudenten)》
 - アリア「Nu är jag pank och fågelfri(ぼくが無一文で鳥のように自由なら)」
  エーリク・オービュー(バリトン) [Polyphon S 42114]
 (以上 5曲) 大劇場管弦楽団 リル=エーリク・ハーヴグレーン(指揮)
 [録音 1923年3月26日–29日 ホテル・エッゲシュ宴会場(ヨーテボリ)]
エメリッヒ・カールマン(1882–1953)
 喜歌劇《バヤデール(Bajadären)》
 - 「Lotusblomma så stolt och skön(蓮の花はかくも誇り高く美しく)」
  オスカル・チェーンベリ(テノール) 管弦楽団
  ヤルマル・メイスネル(指揮)
 [録音 1924年5月21日 ホテル・コンティネンタル(ストックホルム)]
 [HMV X 2092]
ジュゼッペ・ヴェルディ(1813–1901)
 歌劇《トラヴィアータ(La Traviala)》
 - 「プロヴァンスの海と陸(Di Provenza il mar…)」
  エーリク・セッテルマン(バリトン) 王立管弦楽団アンサンブル
 [録音 1923年3月初旬 ストックホルム][Polyphon S 42158]
ジャコモ・プッチーニ(1858–1924)
 歌劇《ボエーム(La Bohème)》
 - 「年老いた外套よ、聞いておくれ(Vecchia zimarra, senti)」
  エーリク・ローラン(バス) ピアノ伴奏(演奏者不明)
 [録音 1916年2月5日 スウェーデン王立音楽アカデミー講堂(ストックホルム)]
 [私的円筒録音]
オスカー・シュトラウス(1870–1954)
 喜歌劇《テレジーナ(Teresina)》- 「シャンソン(Chanson)」
  インガリル・ソーデルマン(ソプラノ) ピアノ伴奏(演奏者不明)
 [録音 1927年8月23日–28日 ジレット宴会場(ウプサラ)]
 [Odeon D 4541]
エドゥアルト・キュンネッケ(1885–1953)
 喜歌劇《レディ・ハミルトン(Lady Hamilton)》
 - 「あなたの目は底知れぬ海のよう(Dina ögon är ett botternlöst hav)」 
  コンラード・アルネセン(テノール) ピアノ伴奏(演奏者不明)
 [録音 1928年8月23日 ジレット宴会場(ウプサラ)] [Parlophon B 12534]
カール・マリア・フォン・ヴェーバー(1786–1826)
 歌劇《魔弾の射手(Friskytten)》
 - アガーテの祈り「まどろみが近寄るように…静かに、静かに
 (Wie nahte mir der Schulummer…Leise, leise, fromme Weise)」
  ヒシュテン・フラグスタ(キルステン・フラグスタート)(ソプラノ)
  デトロイト交響楽団 アーネスト・マクミラン(指揮)
 [録音 1938年2月27日 ラジオ放送][私的録音]
エルヴェ(フロリモン・ロンジェ)(1825–1892)
 喜歌劇《かまとと娘(Lilla helgonet)》- アリア「ハレルヤ(Hallluja)」
  インガリル・ソーデルマン(ソプラノ) アウグスト・ローテル(ハープ)
  アンサンブル ヤルマル・メイスネル(指揮)
 [録音 1927年5月7日 ストックホルム・コンサートホール アティックホール]
 [HMV X 2484]  
 喜歌劇《かまとと娘(Lilla helgonet)》
 - 二重唱「Quand vous-ètes venu, Pabbeusse…」
  インガリル・ソーデルマン(ソプラノ)
  フェリクス・グローンフェルト(テノール) ピアノ伴奏(演奏者不明)
 [録音 1928年5月14日 ジレット宴会場(ウプサラ)][Odeon D 4671]
ジャン・ギルバート(1879–1942)
 喜歌劇《踊り子カーチャ(Katja, die Tänzerin)》
 - アリア「Älskling, kom för mig(愛しい人、わたしのところにおいで)」
  マルギット・ルーセングレーン(ソプラノ)
  エーリク・アンデション=ブルーツネル(テノール)
  管弦楽団 ヤルマル・メイスネル(指揮)
 [録音 1923年9月20日 ホテル・コンティネンタル(ストックホルム)]
 [HMV X 1867]
アンブロワーズ・トマ(1811–1896)
 歌劇《ミニョン(Mignon)》- 二重唱(Svalduetten)
  エリン・リンナンデル=レイドストレム(ソプラノ)
  カール・レイドストレム(バリトン) ヨン・セーデルルンド(ピアノ)
 [録音 1916年9月 ストックホルム][Pathé 90525]
エメリッヒ・カールマン(1882–1953)
 喜歌劇《秋の演習(Höstmanöver)》- クープレ(Kuplett)
  カール・バルクリンド(バリトン) ピアノ伴奏(演奏者不明)
 [録音 1909年9月16日 セントラルホテル(ストックホルム)][Favorite 1-87064]
ジャン・ギルバート(1879–1942)
 喜歌劇《映画の女王(Filmdrottningen)》- 「Det är natt(夜になった)」
  オスカル・テクストリウス(バリトン) 合唱と管弦楽団
  ヤルマル・メイスネル(指揮)
 [録音 1914年1月14日 ホテル・コンティネンタル(ストックホルム)]
 [HMV 2-282422]
[ラジオ制作の大劇場のアーティストたち]
フランツ・レハール(1870–1948)
 喜歌劇《ジプシーの恋(Zigenarkärlek)》- ゾリカのアリア「Det var en flicka」
  ヴィヴァン・ヘードボリ=ファルク(ソプラノ)
  ラーシュ・エッゲ(テノール)
  フォークパーク・オペレッタクラブ ニルス・グレヴィリウス(指揮)
 [録音 1935年5月26日][スウェーデン放送番組アーカイヴ LB 981]
パウル・アブラハム(1892–1960)
 喜歌劇《ヴィクトリアと軽騎兵(Victorias husar)》- ヤンチスとリケットの二重唱
  エルサ・ヴァリーン(ソプラノ) カール・チンク(テノール)
 - 二重唱「おやすみ、おやすみ(Good night, good night)」
  イネス・チョーレル(ソプラノ) ラーシュ・エッゲ(テノール) 男声合唱
 (以上 2曲) ストックホルム放送管弦楽団(ストックホルム・フィルハーモニック管弦楽団員54人)
  ステーン=オーケ・アクセルソン(指揮)
 [録音 1937年12月26日 ストックホルム・コンサートホール]
 [スウェーデン放送番組アーカイヴ LB+2.271]
ヴァルター・コロ(1878–1940)
 喜歌劇《三人の哀れな少女(Tre små flickor)》- ビービツと虹の二重唱(第1幕)
  ユングヴェ・ニュークヴィスト(テノール)
  エルヴィン・ウートソン(テノール)
 - アネットとゴットリープの二重唱(第2幕)
  カール・チンク(テノール) アンナリーサ・エーリクソン(ソプラノ)
シグマンド・ロンバーグ(1887–1951)
 喜歌劇《砂漠の歌(Ökensångern)》
 - 二重唱「Om en blomma växer(たった一輪の花が育つなら)」
  フォルケ・アンデション(テノール) カール・シュリング(バス)
  男声合唱
ジャック・オッフェンバック(1819–1880)
 喜歌劇《美しきエレーヌ(Sköna Helena)》
 - 二重唱「Det är en dröm(夢の中の愛)」(第2幕)
  ヒルデ・ニューブルム(ソプラノ) エイナル・ベイロン(テノール)
 (以上 4曲) ストックホルム放送管弦楽団 エルンスト・ハウケ(指揮)
 [録音 1938年6月24日 ストックホルム・コンサートホール 小ホール]
[Disc 3][リリック劇場と大劇場での第2の時代の音楽例:1937年-1952年]
エメリッヒ・カールマン(1882–1953)
 喜歌劇《チャルダッシュの女王(Csardasfurstinnan)》
 - 「覚えているかい(Minns du det än)」
  ネア・ヘードベリ=グラナート(ソプラノ)
  ラーシュ・エッゲ(テノール) クヌート・エードガット(指揮)
 喜歌劇《伯爵令嬢マリツァ(Grevinnan Maritza)》
 - 「愛の夢(En dröm om kärlek)」
  テューレ・アラ(テノール) クヌート・エードガット(指揮)
 - 二重唱
  インガリル・ソーデルマン(ソプラノ) テューレ・アラ(テノール)
  ミーカ・ペーデシェン(ピアノ、トリオ)
 (以上 3曲)国立劇場の1937年サマーツアーから
 [スウェーデン放送番組アーカイヴ LB+ 2.080]
ニルス・レルケ(1905–1986)
 喜歌劇《愛とドルと盗賊(Hundratusen för en fru)》
 - 「Ett gammalt spel om hjärtet(古い心の遊戯)」
  イーサ・クヴェンセル(ソプラノ) 大劇場管弦楽団
  ステュビョーン・リンデダール(指揮)
 [スウェーデン放送番組アーカイヴ LB+ 4.540]
カール・ミレッカー(1842–1899)
 喜歌劇《乞食学生(Tiggarstudenten)》-「Det täcka könet」
  エイナル・ベイロン(テノール) 大劇場管弦楽団
  ニルス・グレヴィリウス(指揮)
 [スウェーデン放送番組アーカイヴ LB4770]
ノエル・カワード(1899–1973)
 ミュージカル《ビター・スウィート(Bitter Sweet)》- 二重唱
  インガリル・ソーデルマン(ソプラノ)
  ルートゲル・ニューグレーン(テノール)  
  大劇場管弦楽団 ステュビョーン・リンデダール(指揮)
 [スウェーデン放送番組アーカイヴ LB+ 4.775]
フランツ・レハール(1870–1948)
 喜歌劇《ルクセンブルク伯爵(Greven  av Luxemburg)》
  クヌート・エードガット(指揮) 国立劇場の1947年サマーツアーから
 - クープレ「ぼくの祖先はルクセンブルク家
  (Mein Ahnherr war det Luxemburg)」(第1幕)
  ラーシュ・エッゲ(テノール)
 - クープレ「Kam ein Falter leicht geflattert」(第2幕)
  エーリク・セッテルマン(バリトン)
 - シャンソン「Pierre, der schreibt an klein Freunette」(第1幕)
  グレタ・フォシェル(ソプラノ) アンサンブル
 - 「Heut’ noch werd’ ich Ehefrau」(第1幕)
  イーサ・クヴェンセル(ソプラノ)
 - 二重唱「Lieber Freund, man greift nicht nach den Sternen」(第2幕)
  イーサ・クヴェンセル(ソプラノ) ラーシュ・エッゲ(テノール)
 [録音 1947年7月4日 フォルケツ・パルク(フィンスポング)]
 [スウェーデン放送番組アーカイヴ LB+ 6930]
ジョージ・ガーシュウィン(1898–1937)
 歌劇《ポーギーとベス(Porgy och Bess)》
  大劇場合唱団・管弦楽団 ステュビョーン・リンデダール(指揮)
 - 第1幕序曲と子守歌「サマータイム(Sommartid)」
  イーサ・クヴェンセル(ソプラノ) [Symfoni RT 1007]
 - バンジョーの歌「俺にはないものばかりだ(Jag litet äger i Världen)」
  ベルンハルド・ソンネシュテット(バリトン) [Symfoni RT 1006]
 - 愛の二重唱(Kärlekduett)
  ベルンハルド・ソンネシュテット(バリトン)
  イーサ・クヴェンセル(ソプラノ) [Symfoni RT 1007]
 -「朝早く(Varje morgon)」
  エヴィ・ティベル(ソプラノ) [Symfoni RT 1006]
 - セリーナの歌「私の夫は死んだ(Min man är död)」
  エヴィ・ティベル(ソプラノ)
 [スウェーデン放送番組アーカイヴ LB+ 9.501]
 [録音 1948年2月23日 ヨーテボリ・コンサートホール]
アーヴィング・バーリン(1888–1989)
 ミュージカル《アニーよ銃をとれ(Annie Get Your Gun)》
 - 月明かりの子守歌(Moonshine lullaby)
  エヴィ・ティベル(ソプラノ) アンサンブル  大劇場管弦楽団
  ステュビョーン・リンデダール、もしくは、ルーネ・ヴァールベリ(指揮)
 [録音 1949年9月 ヨーテボリ(9月3日プレミア)] 
 [スウェーデン放送番組アーカイヴ LB+ 10233]
リチャード・ロジャーズ(1902–1979)
 ミュージカル《回転木馬(Karusell)》
 - 「みんなに恋仲だと言われる(People will say we are in love)」
  ベーリト・チェルマン(ソプラノ) マグヌス・ルードベク(バリトン)
  大劇場管弦楽団
  ステュビョーン・リンデダール、もしくは、ルーネ・ヴァールベリ(指揮)
 [録音 1949年12月 ヨーテボリ(12月9日プレミア)]
 [スウェーデン放送番組アーカイヴ LB+ 11.661]
ベンジャミン・ブリテン(1913–1976)
 歌劇《ルクレシアの陵辱(The Rape of Lucretia)》の4つの断片
  大劇場管弦楽団 ステュビョーン・リンデダール(指揮)
 - 第2幕への間奏曲「ローマへの馬旅(Ritten till Rom)」
  ウッレ・シヴァル(台詞) ヨースタ・チェッレッツ(テノール)
 - 陵辱(Våldtäken)(第2幕第1場)
  ヨースタ・チェッレッツ(テノール)
  ウッレ・シヴァル(テノール・台詞)
 - 花の場(Blomsterscenen)(第2幕第2場導入部)
  スティーナ=ブリッタ・メランデル(ソプラノ)
  ロリ・ライル(メゾソプラノ)
 - ルクレシアの別れ(Lucretias avsked)(第2幕第2場)
  クヌート・エルマン(バス)
  マルガレータ・ベリストレム(メゾソプラノ)
 [録音 1949年10月 ヨーテボリ(10月17日プレミア)]
 [スウェーデン放送番組アーカイヴ LB+ 11.383]
ジャコモ・プッチーニ(1858–1924)
 歌劇《蝶々夫人(Matama Butterfly)》
 - 「いい子、泣かないで(Bimbo. bimbo, no piangere)」(第1幕)
  スティーナ=ブリッタ・メランデル(ソプラノ)
  エリ・ベリフォシュ(メゾソプラノ) ウッレ・シヴァル(テノール)
  大劇場管弦楽団 カール・ルーネ・ラーション(指揮)
 [録音 1952年12月1日 ヨーテボリ大劇場(ライヴ録音)]