News

 

2022/1/24

Capriccio の新譜を掲載しました。info >>

2022/1/22

decurio, Dux, Grand Piano の新譜を掲載しました。info >>

2022/1/17

Alba, Aparté, Harmonia Mundi, Losen, Stunt の新譜を掲載しました。info >>

2022/1/13

BIS の新譜を掲載しました。info >>

2022/1/11

Claves, Nilento Records の新譜を掲載しました。info >>

ウェブサイトのリニューアルについて
 
Nordic  Sound Hiroshima のウェブサイトをリニューアルしました。アプリケーション・ソフトの最新バージョンを使った「新しいサイト」です。同時に新しい Web サーバへの移設もおこなったため、旧サイトのページが消えています。旧サイトのデータは、Our Select は新サイトに再掲、その他のディスクは Picks で順次紹介していきます。
 
Newsletter の「音楽とディスク」の文章をあらためて紹介するため、Features のコーナーを作りました。
 


 

『マルタン&ヤナーチェク』

レイフ・セーゲルスタムは、1975年からウィーン放送交響楽団の首席指揮者を務めました。保守的なウィーンの聴衆に強い刺激を与える演目を取り上げたことで知られます。オーストリア放送アーカイヴに保存されていたライヴ録音によるマルタンの《レクイエム》とヤナーチェクの《主の祈り》。

 

『バッケル・グロンダール』

ノルウェー・ロマンティシズムの時代に活躍したアガーテ・バッケル・グロンダールのピアノ作品集。《ノルウェーの民謡と民俗舞曲》として出版された〈スプリングダンス(跳躍舞曲)〉〈花嫁の歌〉など24曲。ステーン=ノクレベルグとスメビューに学んだサラ・エメー・スミセットの演奏。

 

『氷の国 - 永遠の音楽』

ケンブリッジ・クレア・カレッジ合唱団とグレアム・ロスによる「火と氷の国」アイスランドの音楽。アトリ・ヘイミル・スヴェインソンの《マリアに歌う秋の詩》といったアイスランドの人々に愛されている曲と、初録音のシーグルズル・セーヴァルソンの《マニフィカト》と《レクイエム》。

 

『バーバンクの変わり者』

アルベット・シュネルツェルの作品集。ともに「遊び心とバーレスクをこよなく愛する」ハイドンと映画監督ティム・バートンをテーマにした曲。グリンゴルツのためのヴァイオリン協奏曲第2番《夜の歌》。クララ・シューマンを表現した《私の手紙を燃やして-クララの思い出》。
 

Nordic Sound Hiroshima

 
営業時間 11:00 – 20:00
 
〒730-0016
広島市中区幟町14-2 ウエセン幟町 401
 
Phone 082-502-9600
 
お問い合わせ


 
1月の定休日
 
1月12日(水曜) 1月26日(水曜)
 
We are closed on Wednesdays January 12 and 26


 
2月の定休日
 
2月2日(水曜) 2月16日(水曜)
 
We are closed on Wednesdays Februaru 2 and 16 


学生価格
 
学生証をご提示ください。
本体価格から10%割引いたします。 


 
Extras
 
Links Audio  Features Facebook